プロフィール

ketta

Author:ketta
けった

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索

ほぼ一方的なブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sa0kuru.png


道にイケメン落ちてた

駅で乗換えがわからないおじいちゃんがいたので案内をし
電車に乗ったらいきなりアイフォンで大きい音を出して映画を見始めたヤツがいたので
「音小さくして」
とだけ伝えたらサッとしまってサッと何度も謝ってきたので
「いや、まあ、いいよ…」
的に伝えて簡単に挨拶だけして電車を降り、
駅を出たところの道脇にいきなりイケメンが倒れてた
ちょうど通りがかったギャル男二人がそれを眺めて少しにやけていたので指を差して
「知り合い?」
と訊ねると
「いや、違うっすよ」
本当に違うようなので
生きてるっぽいことと大丈夫そうなことだけ確認して
「ぐっすり眠ってるようだね。暖かいから大丈夫だろ。ほってこか」
あっはっは
とギャル男と笑ってその場を後にした
イケメンが落ちてた

声かけてもグッスリだった彼は頭にプリントを敷いて寝ていた
彼なりのモテ系ワイルドスタイルなのかもしれない イケメンだったし
イケメンというか、男前だった

これが小汚いおっさんだったら日記には書かなかっただろう
イケメンが問題なのだ…
地球に危機を知らせにきたに違いないのだ
そうだったのか…
今、地球がそんな…
次元超越軍 オタークに攻め寄られようとしていたとは、


拍手いつもありがとうございます 
電車で注意した後、置いてた荷物を取ろうとしたら自分の足が震えていたことに気づいた
僕はこんなことで震えるんだなぁ もう2ステップで電車でお漏らしするところだ
スポンサーサイト
<< 8月24日 // HOME // 8月21日 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kotatsu0083.blog49.fc2.com/tb.php/613-04c2666d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。