プロフィール

ketta

Author:ketta
けった

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索

ほぼ一方的なブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青エク

逃避行です


ドラッグストアで安く買った焼き豚のブロックを丸かじりしている
ワイルドな気分をお手軽に味わえるお得な一品だ 一品なんだ!た たぎる!たた たたsたたぐるグルグルグルグルグルガガガガガガガガぐがぐんがらがががグルゴゲグガわらああああガガラガガガアアアアアアアアアアアアア

や 野性や!野性の力や!!!!!ひゃっほー!(エンドロールへ



「FBIがよく使う手ね」
「いいか、俺が合図をしたら連結器を外すんだ」

アメリカのドラマって眺めてみるとけっこうおもしろい
使い古されてそうな台詞とか、出れば出るほどおもしろい

「FBIがよく使う手ね」

OH…


拍手いつもありがとうございますー
体調は復活してきた
ぎゃはー!弟のバンドの音楽が好きだとか悶えるわー!俺悶えるわー!!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト
332aa.png

あああ


なんかアトピーがね 最近はナリを潜めてたんすけどまた強く出てきちゃって こりゃーきつい 
顔とかにも汁が出てきちゃったりして、これがイヤですわー こうなるとまた広まっていきそうで、怖いわー
最近体調にすごく気を遣っていたのだけれど、どうにも悪くなる一方で、ここまできたかーとかなると悔しさもピークやね

そんなわけで病院行ったさね!
見知らぬ機械に通された
密室ですよ!密室でパンツ一丁になれとか言われたから なったさ!
四方からゲッター線みたいな光を当て続けてもらったんだけど ちょっと照れる
この光をちょこちょこ浴びに来い だと~!?
こんなもん週1~3で浴び続けて今年の冬前にこんがり焼けちまったら ちょっと照れる
おいおいおーい

関西コミティアどうすかねー
なんか作りたいよー
それとは別にエロ本作りたいなー
って僕はいつからこれを言い続けてんだか

拍手いつもありがとうございまーす
0910.png

何か出てきません


クラスメイトみたいな奴が家で猫を飼ってるようで、僕が猫好きなのを知ってか、写メを見せてくれた
僕も猫が大好きなのだけれど、アトピーやらアレルギーやら、わりと強く出てしまうので猫は今のところ飼えそうにない
まあ猫の本当の可愛さは野良にこそ現れるのだよ、という負け惜しみが精一杯というところ
といいつつ一発背中をワリと強い目に叩いておいた 悔しいからな 負け惜しみかよ!俺!
からだ痒いなー あー ねこねこん 


良い匂いのする人間に人は寄ってくる
悪臭には近寄らない
良い匂いのする人になろう
良い匂いってなんだろう
まあ楽しさだったり、居心地の良さだったり、
この人と親しくなりたい、近づきたい、ステキだ、と感じさせる人は確実にいる
僕はそういう人たちを良い匂いのする人だ、と感じる

そこで
楽しい人には自然と人が寄ってくると考えて過ごしてきた
楽しくなければけったじゃない
そこらへんが僕なりに僕をこれまで支えてきた
強がりに近いものもあるのかもしれない 強がってなんかないんだから
と、帰り道
クラスメイトとおぼしき方と今日は一緒になった
たまたま今日だけはこっちに用事があるとかいうので偶然駅で出会った
初めて使う路線だと言われたので、向かう方向が一緒だということもあり、それならば
「途中まで一緒に帰りましょう」
電車にがたんごとん
なんともない会話をして、なんともない反応も特にないまま終わり、そこで気づいた

また僕の服、生乾きだ…と…

自分の中の悪臭を見つめ直した一日だった(まとめ)

一度ついた生乾きの匂いってちょっと取れにくいですよね
これはしゃーない
MOTTO!MOTTO!

おやすみなさーい

拍手いつもありがとうございます
>sinVさん
やー ホント、びびりです。実際はできないことも多いですし、できる範囲を見誤れば痛い目を見たり、事を荒立ててしまったり、下手な手出しもよくないのかなぁとかも考えたりします。まー、僕が都合よく書いた文章ですから、話半分で聞いてくださっていいですよヘッヘッヘ
ありがとうございます
ペローナ2

ゴーストプリンセスだぜ


近頃pixivのR-18コーナーを覗きすぎたのか目がしぱしぱする
視力が落ちてるなーこの歳にして
眼鏡男子デビューも間近かな めがね☆マヂカかな 契約しちゃおうかしら…


電車乗ってたんよ
席が埋まっていたので吊り革を持って立っていたら
目の前の席に座っている男が少し幅を取って座って、ウトウトして隣に座っている女性の肩に頭が触れたり触れなかったり

その男の頭がワックスなんだか汗なんだか、まあ嫌だったんだろう
女性は肩を出す服装のせいもあってか(肩が出てなくても嫌だろうが)、とても嫌がっていたので
見かねて男の膝を小突いて「席つめてもらっていい?」と声をかける
詰めてくれたので「ありがとう」 座る

うまい具合に引き離せて僕も座れて、全てが丸く治まるかと思ったそのとき 気づいた
その日の僕の服は洗濯して乾燥させた際に生乾きだったようで、ほんの少し臭う

うん、これは臭うな

~TRUE END~



女性の方には気の毒でした


その後、隣りの男が
他の席が空いた途端に僕へのあてつけだろうか
その空いた席にムスッとした顔でドカドカドカっと移動し、
座ったと思ったら僕と触れていた側の肩をパッパッと払うアクションをしやがった
なんだこの野郎は
座った瞬間目が合ったんでイラッときて睨んだが、
すぐに相手が目を伏せてしまった
俺だって勇気を出して睨んでんだ、お前も勇気出せよ
なんなんだコイツは
相手も同じこと思っただろう
そして俺のシャツはなぜ今日に限って生乾きなんだ
辛いじゃないか

その後、何事もなく僕と彼は仲悪く同じ駅で降りました


あの場は余計なことを考えず、普通に「あんまもたれたらあかんよ」くらいの声かけで済ませておけばよかったと今になって反省している
生乾きにも反省している(なんやてー!

いやー!ペローナ最高やね!ぱーん!(一本締め
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。