プロフィール

ketta

Author:ketta
けった

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索

ほぼ一方的なブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
131hjk.png

黙ると死ぬと評判のよっぺいが近頃好物。


やっほー テンションは上がりきらないままに 三度の休みの間に三度激安カラオケに行ってきた。おかげで三度同じ店員と顔を突き合わすことになったが三度とも生温かい笑顔と共に接客して頂いた。空気を読んだり読まなかったりと評判のこの僕も ひとたび、いや、もとい三度カラオケに行くと頭のネジを外しかけるくらいにはしゃぐのだけれど 周りがそれについてくるかどうかは別の話なのである。おかげで三度の内の二度くらいは生温かい空気になることもしばしばであった。しかし三度の魂百まで。ひとたび、いやもとい、三度nもうよいか


食堂のお茶がまずい

はっきりいって近頃本当にまずい。あの茶色の液体をどうにかしろ。いや、どうにかなってまずくなったんだろうけれど、本当にこれはつらい。ふざけるな。お茶はタダだが気分は金返せ。

有料にする伏線だろうか…!? と疑う僕がいます

10円払えば何杯でも飲めるおいしいお茶を用意。隣ではタダのまずいお茶、ホント、どこから仕入れてんだアンタらとでも言いたくなるブラウンな液体が置かれている。

「ふう 10円、と。あー うまい」

「くっ… 今月キビしいなぁ まずいお茶で我慢するか… うっ!まずっ! ごくっ!まずっ! おえっ! ごくっ!まずっ! でででも 今月… ごくっ!まずっ! うっ…うっ…ごくっ…まずっ…!!涙」

まずいお茶が提供してくれたのは昼休みのこんな話題だけでした。


やはし日記を書いている間に気分は晴れやか。ハーレールーヤー。いい雨日和だった。拍手サンキュー! ハイご一緒に!ハーレールーヤー!!(このようにカラオケで合いの手を要求します)(すると友達が顔見知りにクラスチェンジします)
スポンサーサイト
129nil.png

ちょっと戸惑っている。創作意欲がまったく湧かない。文も絵もなにかしらもその気になれない。困った ということもないけれど 戸惑ってる。何をしたらいいのかわからなくなってしまった。どうしよう。

とりあえず好きな人のニコニコ生放送とか聴いてコメント投下とかして話題を提供してみたりする。オレはコメントしすぎだろうか。意外と反応してくれるのがかなり嬉しい。

絵はギリギリ描く気になれたオレの左手。自分に対して何言ってんだかって感じだけど運のいいことに自分の手が造形的にけっこう好きなのでよく眺める。眺めると少し落ち着く。

っていうか髪の毛をずっと自分でバッサバッサやっている祟りだろうか。髪がところどころピョンピョンハネている。文にすると陳腐で可愛いもんだけど実際ちょっとみっともない。しゃーねーな、少し整えてやるか(←死亡フラグってやつですね わかります


拍手ありがとうございます。期待があるとするならば期待には応えたいかな
127cgjf.jpg

とまあ 申し訳ない気持ちは拭えないにしたって、いつまでも落ち込んでてもしゃーないし、いっちょ元気出してこーぜ!こーぜ!えええええええいいいいいいやっはあああああああああああ!!!!!!!(前回の更新から二時間です)

絵に泣かせてしまったのは申し訳ない。ヘタでごめんあさい。グラグラだったのさ。軸がぶれていたんだ。全体的に。(←絶望したっ!ということですね)


昼休み 懐かしのアニソンについて語り合った。やはりシティハンター、幽々白書などがテンションあがるぜ!とかいう話だ。しかし個人的にやはり外せないのは数裸蒸男苦(スラムダンク)である。ううむ、なんと恐ろしい漢字変換をしてしまったのだ、俺は。さながら複数の裸に近い男たちが蒸(群)れて苦しむ様、とでも言ったところだろうか。まったく違うともいえないのだが、断じてそんな話ではない。名作である。うほっ

売 り 切 れ て ま し た


オレのバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバorz

甘くみてました シュガーシロップより甘いorz

suman
122cgh.png
サーセンorz

123dgh.png
サーセンorz

124fhjfj.png
え?

125fhjj.png
サーセンorz


一人遊びをしておった。まるで変態のようだ。

そんなことをしてるせいで仕事中にせっせかせっせか考えておった書きたい文章もどこかへ飛んだのじゃ。でもとりあえずCV・神谷浩史とかだけ書いて遊びたかった気持ちだけは覚えていたので、アララギくんとアララぎくん、アららぎくんにあららぎくんの四枚ラクガキ。アララギラクガキ。


っていうか避難訓練があった。確か去年はタンカで運ばれ役に見事大抜擢され、500人くらいの衆人環視に遭ったのを覚えている(貧乏くじです)。今年は誰が!?とか思う隙間もなく、今年は誰も運ばれませんでした。うーん 一年仕込みの貧乏くじであったか


拍手あーりがとー。いえーい。
115bjk.png

「僕は…心を盗み絡めとる蛇…!!」

夜科、カイルに次いで僕がおそらく好きであろうと思われるシャオ。PSYRENのコミックスがようやく出たぜー 待ってたぜー あれー? でも最初にチェックした本屋では置いてなかったけど どういうことだい?(そういうことなのか?


それはともかく、前回の日記から大体5日。5日もキーボードを叩いてないとなると頭がパッピラパーになる


~3日前~

「うーん、なんだか手元が寂しいような…。なんか こう 叩きたい気分というか…」


~前日~

「あー もう キーボード叩かないと なんか落ちつかねー あー、もうっ」


~今日~

「はあっ…!はあっ…!は 早くキーボード 叩かせろっ…!くそっ…!どこだっ…!ここかっ…!?ENTERかっ!? Tabかっ!?もしやCaps Lockしちまうのかっ!? うああああああああああああ!!!!!!」


そして今に至ります。落ち着いてきたぜ ふうっ。


ほんで今日の話なんだけどさ

職場で交代制の休憩に行く時にさ 僕を殴ってばかりくる(愛情です)先輩が 話しかけてきたの まあ便宜上 この先輩を ナックルカイザー先輩とでも呼びましょう


ナックルカイザー先輩「どういたしまして」

僕「え?なに?」

ナックルカイザー先輩「聞こえただろ」

僕「え?どゆこと? …休憩だから俺行くよ」


ほんで休憩室に行ったらさ 机の上に おまんじゅうが置いてあったの 周りに聞いてみたところによると どうやら ナックルカイザー先輩が島根に行ったおみやげとかなんとか ほんで食べんじゃん その後お礼を言いに行ったの

僕「ごちそうさまでした」

ナックルカイザー先輩「………」

僕「? ごちそうさまでした?」

ナックルカイザー先輩「二度は言わんぞ」

僕「なにが?」

ナックルカイザー先輩「………」

僕「あ え? あーっ   ごちそうさまでした(→)」

ナックルカイザー先輩「………」

僕「(→)どういたしまして」



わかるかっ!

107.png

精霊達が悲鳴をあげている…! マナのバランスが崩れ、フォースが感じ取れない…! このまま、僕達、エピキュリアンワールドは、崩壊という名のカラミティエンドに向かうしかないのか…!!



寒すぎるわっ(鼻をすすりながら)


寒すぎて冒頭から何書いてるかわからんわ。絵は昔の絵をサルベージだわ。

サムすぎる。samさのせいで陽気にHigh!だ。全部samさのSEIさ。



ホント寒いの苦手なのでズボンはきます
114bjkbk.png

「なんだ。両立できないのか。偉そうなこと言ってるけど、大したことないな。」


神のみぞ知るセカイ。一方的に敬愛するpakoの旦那がお描きなすってたんで読んでみた。神にぃが想像以上にハイスペック。いい男。毎度毎度台詞に撃ち抜かれている。ずっきゅーん。

っていうか似たような絵をこの間も絶望先生で描いた気がする。俺の貧弱なイマジネーションが今 露呈した。俺の想像力、ストップ高。いいんだ、好きだから。


空を見上げてみれば満月。前回のキレイなまん丸虹の満月を見てからもう一ヶ月経ったのか。早くね? お月さま単位の罠を使って誰かが俺をハメようとしていると仮定しましょうや。誰がどんな得をする? 月がキレイだったことを見た僕はまあ職場でみんなにベラベラ話しますわ。それに触発されたみんなはおいおい けったのやつ あんなこと言ってたな ホントかよ?  どうせウソでしょ?  いや でも アイツの眼 輝いてたな  ………ああ、キラキラしてた  …見てみる? …一度くらいアイツのウソに、乗ってやるか  …一度だけね

子供の頃の瞳の輝きを取り戻したみんな、天体望遠鏡を求め、望遠鏡メーカーへ。そう、答えは望遠鏡売り上げが伸びると困るメーk と見せかけてやはり悪の秘密結s と見せかけて



おやすみ


どなたか存じませぬが毎度拍手ありがとー 嬉しさ万倍ぱわー
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。