プロフィール

ketta

Author:ketta
けった

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索

ほぼ一方的なブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
546.png


土曜日は友人を遠くから遠くへ送ったりそのまま別の友人にお世話してもらう

日曜日 日が明けて日が暮れるまで20世紀少年にどっぷり漬かった フラフラした

月曜日 天敵がクビになったどうこうを聞かされる。なんとなく気持ちはちゅうぶらりんだ。帰りに仲間の見舞いに行く。随分やせたねー 髪のびたねー 見舞いのクッキーは安いよ

火曜日 なにかあった気がするけど 思い出せない ぶりを焼いて食べた

今日 帰りに犬が車道に ウロウロ 首輪してやがる… 一旦車道から離して 置いて帰ろうとしたが夢見が悪そうなので来た道を戻ったら同僚が捕まえていた 紆余曲折を経ておウチへ なぜ俺に抱きつく 抱きつくな 尻のにおいをかぐな 
スポンサーサイト
545.png

らくがく
544.jpg


らくがく
543.jpg

Ever lasting lie


もっぱらBUMP OF CHICKEN!!

例の仲間がついに胸筋が動く!!とか言って俺に近寄ってきた!来んな!貴様には負けん!!

542.png

ばんわ~

カレーとしょうがってホント合うわー

あ めずらしい 外でネコが夜鳴きしてる おお~
541.png

いや 最初思ってたのと違う


色んな意味で話半分に聞いて下さったらよろしいんですが

本で読んだ話ですけどね

とある柳生の師範の髭を弟子の一人が剃刀で剃っていたそうな

弟子がふと「いかに達人といえどこのまま喉をかっ切ってしまえばどうしようもないだろう」と心の中でつぶやいた。そこで

「しかしお前にそれをやる度胸はあるまい」と師範。弟子はギクリとしたそうな。


というような話が昔にはよくあったそうな という話を職場で仲間にしたんですよ 男前なんすよそいつ クールぶっちゃって

したらそいつ

「実は黙っておったが ワシは武術の師範だったんじゃ」

「ええ!? マジスか師範!!」

「本当じゃ」

「やっぱ… そういうの わかるんすか?」

「ワシもそうじゃが ある程度いった者にはわかるのじゃ しかしワシにも一つわからんことがある…」

「一体!?」

「女心じゃ!!」


いい加減照れながら言うのやめろよ

540.png

腕相撲はイーブンだった。

しかし以前は俺の楽勝だったのに 筋トレの成果らしい
539.png

うーん 明日休みかと思ったら 出勤なんですね いやー ありがたいことで

538.png

ふらふらふらふら いつまでたっても自分の立ち位置がまったくわからない

年上の魅力に憧れる 男の

あと髪をバッサリ切ったら おっさんだの何だのひげだの ひげは関係ないだろーがよ

俺は短いのが好きだ あとひげが濃いのはしゃーない 男性ホルモンだこれは
536.png

老紳士すてき


仲間と月曜日に腕相撲の勝負をするという約束をした 絶対に 負けられない 

近頃年下共によくいたずらやちょっかい(殴る蹴る)を出される。 
決まってかけられる言葉は「年下やぞ!」「がんばれよ!」だ。わかっとるわ!年上やぞ!
534.png

歯医者に行って歯石取りをしたのですが 激 痛い

うがいをして下しゃいと 言われるがまま してみたら 激 赤い

俺のブラッディマウスの治療は続きます



人が一杯の待合室で 人が座れるようにと子供が席を詰めようとしている横でいい大人が大きい身体から足を放り投げて座っているのを目にする 俺の気分を台無しにしやがって ジロリと一瞥 声をかけるかどうか と思った矢先 その人は呼ばれていった 俺 かっこ悪い

待合室って子供には退屈だね しかしうがいは赤かったー


パシリの安請け合いをし過ぎたか 今日のパンの量は膨大だった。さすがにひいた。店一番の売り上げを毎週俺が更新しているというのでようやく異常に気づいた。行けそうな人は来週から自分で行ってもらおう。
120.png

もうすぐブラジャーの日だということはさておいて

今日は福本伸之先生の

「異常と正常は 地続きだ………!!!」

みたいな言葉をふっと思い出しました。

自分っていうのもけっこう ふらふらふら 危なっかしいもんですね 怖いや


あと僕が何気におお~とか思っていた美人女医がいた歯医者さんの予約を取ろうとしたら 「担当が代わってしまうのですが…」 と電話口で言われ、 「よろしいでしょうか?」 という声に答えが詰まってしまった。うーん そうですか…
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。